寒天はダイエット食として定番の食材です!

 
 
寒天はダイエット食では定番食材!

寒天は海藻の一種である天草(テングサ)を煮詰めて作られています。食物繊維が豊富でローカロリーなので、ダイエット食品としては定番の食材です。

寒天は食物繊維含有量No.1です。わずか10gで大キャベツ1個分の食物繊維を含んでいます。

近年では、この寒天がダイエット食品としてだけではなく、生活習慣病の予防にも効果が見られることがわかってきました。寒天に含まれる食物繊維には大量の水を保持し続ける特徴があります。

人の消化液で分解されないのが食物繊維ですが、寒天はさらに大量の水を保持したまま腸へとやってくるため、腸内で大幅な体積を占める特異的な存在の食べ物です。

その結果、糖やコレステロールの吸収が阻害され、血糖値の上昇が緩やかになり、余分なコレスレロールを体外に排出してくれます。この寒天の性質が高血糖、高コレステロール、高血圧、肥満の対策にもつながるということです。


こんな実験がありました・・・

【ゾウに寒天の上にのってもらう】

実験に使用した寒天は50キログラムでしたが、実験後、そのうち水分が47.5キログラムを占めていました。

つまり、体重3トンのゾウが乗っても、それだけの水分を保持し続ける力を持っていることが、寒天の食物繊維の大きな特徴なのです。
 
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。